calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

archives

links

2017.06.20 Tuesday

カナディアンロッキーとバンクーバー島〜行ってきました〜!(^^)!

0


    ​6月8日暑い成田を脱出〜〜一路、涼しいカナダへ〜9時間の空旅
    ​日本映画を、英語の字幕で見て、いざ英語圏への予習おこたりなし??
    朝、降り立ったバンクーバーは、残念、雨
    ​明日からの晴天を信じて、いざ大都会へ
    予想以上の大都会にビックリ(何十年も前に来た時と違っていて当然?)
    バンクーバールックアウトからの眺め、海&ビル群、その合間に緑かな・・

    スタンレー公園には、トーテムポール

    ​ゴールデンブリッジのデザイナーのデザインって、橋
    よく似てるかも・・(ゴールデンブリッジって実物見たことないけどね)
    この公園、中を車で走り続ける広さ
    横浜と姉妹都市って聞いて嬉しくなっちゃった
    グランビルアイランドって、昔の工場地帯が人気のショッピングモールに変身した所
    ギャスタウンって、バンクーバー発祥の地って
    ゆっくり歩かないと、印象薄いね


    ​6月9日、晴れだよ〜〜私の最大の目的地、ブッチャートガーデンへ
    ​まずは、フェリーに1時間半で、ビクトリア到着
    この町は
    ​ワクワクが止まらない、年間パスを買いたいくらい(どうやって来るの?)


    今、石楠花が真っ盛り


    ​わ〜お、広い、美しい、やっぱり毎日来たい!


    ​石灰岩の採掘で財を成したブッチャートさん、凄すぎ
    植物愛が半端じゃないね


    ​歩き進むにつれて、映画を見ているように、新しいシーンが開ける感じ
    凄くない???
    日本庭園では鹿威しまで作ってある凝りよう

    これは、イタリア庭園だっけ(すでに記憶が怪しくなってる)

     

    一区画全部1軒のお家という、高級住宅街を抜け高台にある

    副総督邸のお庭

    ここには、天皇陛下❓皇太子も泊まられたとか・・

    見てみたかったな〜立ち入り禁止って妙に好奇心をそそられるのは私だけ?

    このお花もなんだかおもしろい

     

    マウントトルミーからはビクトリアの街が一望

    この岩のてっぺんで万歳すると、山の頂上にたってるみたいに写真が撮れるよ

    の声にすぐ乗っちゃう私でした

    ビーコンヒルパークには、マイル〇、国道一号線のスタート地点

    バンク―バと成田より長い距離の道路って、どんな広い国なの???

     

    ホテルのお隣は、州議事堂

    夜のライトアップにビックリ、ディズニーランドみたい

    夜暗くなるのは9時過ぎ・・ランチだかディナーだか・・?

    明るいうちにアルコールは飲まないようにしていますとの声

    カナダだと、夏中飲めないかも??

    6月10日、晴れた〜〜今日は、ホテルの前の港からホエールウオッチングに出発

    酔っちゃうかもの心配なんて無用

    海の上は冷たい風がビュービュー、手がかじかんで鼻水がでて・・・鯨は出てこないし・・

     

    水鳥が、次々、飛び込み

     

    わ〜〜い、やっと出会えたよ

    はるか遠くだけど、黒いものが泳いでるのが見える

    船内は騒然、英語でオジサンが説明してくれるけど、1/10もわからない

    まあ、いいか、ともかく見えたから??

    ガイドさんの案内で、教会へ

    シンプルだけど、し〜〜んとした雰囲気がいいね

    後から継ぎ足したお部屋のステンドグラスがきれい

    午後のフリータイムはホテルでまったり、お風呂に入って、港を眺めて・

    温泉大浴場があれば、完璧!

     

    早朝にホテルを出発、飛行機でカルガリーへ1時間半

    ビクトリアと1時間の時差があるって??

    バスで1時間45分、目指すはバンフ

    マンホールの蓋だと思うんだけど・・

     

    バンフの街は観光客でごった返してる

    スイスの街そっくり

     

    雪融け水ですごい迫力って言われても、これって滝??ボウ滝なんだけど

     

    サルファー山の頂上へ、ゴンドラで(標高2285m)

    ゴンドラ乗り場に来て思い出したけど、母と来た所だ

    見違えるくらい、立派になってるけど、超懐かしい

    お母さん、見てる?今度はボスと来てるよ(空から見てると信じてる)

    見渡す限り、岩&雪の山、森林限界がくっきりわかる

    眼下に今夜のホテルも見えてるよ

    これが又びっくり、母と泊まったホテルだもん

    何段あったかわからないけど、結構な階段を上って頂上へ

    この時ほど、横浜の坂道&階段で鍛えておいて良かったと思ったことはない?

     

    6月12日、今日もお天気だ、やっぱり青空でないと気分が盛り上がらない?

    バンフ国立公園の中、左右に森林&高山を眺めながらバスは快調に飛ばしてる

    わっ!熊だ、バスから見る熊は小さく可愛い??バスの中も大騒ぎ

    バスの窓からの景色が素晴らしい

    居眠りしている場合じゃない(でも、気が付くと寝ちゃっててがっかり)

     


    多分、クロウフット氷河

    カラスの足の形だったのに、1本の氷河が溶けて短くなっちゃったとか・・

    何しろ、氷河も湖も沢山見過ぎて、何が何やら・・(ヨーロッパの教会状態)

    これがボウ湖?

    どの湖も、水は澄、対岸に氷河を望むというパターンだから識別不能

    (単に私の記憶力に問題があるだけのような気もするけど・・・)

     

    これは涙の壁・・う〜ん、凄いネーミングセンスだね

    日本ならさしずめ、白糸の滝??違うか・・・

     

    ロッキー観光のハイライト?コロンビア大氷原へ雪上車で

    母と来たんだけど、昔過ぎて雪上車まで変わったような・・・

    (帰ったら、お墓参りに行こう、報告することが一杯できたから)

    氷河の上で、カナダの国旗を持って記念撮影

    次来た時は、氷河がもっと狭くなっちゃってるかも(また来る気なんだ??)

     

    これって、なんて滝だっけ?

    次は鹿を発見、みんな目がいいね

    お昼寝中の私も、目覚めるや否やカメラ、カメラ

    6月13日心配したお天気も何とかもってる

    ジャスパーパークロッジは、目の前が湖

    朝のお散歩は超快適(静か、ひとけがない、その上リスとの遭遇までついてくる)

    ぐるっと見渡しても全部絵になる

    ずっと、歩いていたくなるから不思議(出発の時間が迫ってるからそう思うのかも?)

     

    最初のバス下車は、メディスン湖、えっ?薬?薬剤師心をくすぐられる名前

    でも、薬とは関係なくって、流れ出る川がないのに溢れない不思議な湖っていう意味だって

    湖の底の鍾乳洞から水が出入りして水量が保たれてるって

     

    ブルーからエメラルドグリーンに湖の色が変わってく

    マリーンレイクでクルージング(意地悪な湖って意味だって)

    スピリッツアイランドで下船してお散歩

     

    次はマリーンキャニオン

    これはワイルドローズ○○って名前だったような・・スイスにも咲いてたよ

     

    これはアンモナイトの化石

    昔ここは海だった・・こんな山の上が??

    水流に削られた♡型の岩が両岸に挟まって宙ぶらりんだったけど

    写真だと迫力が伝わらない

    岩の下はすごい勢いで水が流れてるんだけど・・・

     

    私には、山の中腹に誰かが何かを描いたんだと見えたけど

    本当は、岩から染み出た水が凍っただけ(ちょっとがっかり)

    次はマウンテンゴート

    目下、夏仕様の準備中とか・・

    なんだか、サファリパークを走っているような

    これはホーンシープだっけ??

    だめだ、 全然、名前を憶えていない

    人の名前を覚えるのが苦手だけど動物も苦手だったんだ・・(自己発見???)

    嬉しい!!ブログを読んだHeather さんが、正式名称を教えてくれたよ

    Big Horn Sheep・・・いい名前だね

     

    6月14日、雨&曇り

    でも、心がけのいい私達がバスを降りると雨は中断

    で、神秘的なエメラルド湖

    氷河が両岸を削って作った湖で土の中の成分が水に溶けてエメラルと色

    ナチュラルブリッジ、天然橋?そのままだよ、ネーミングにひねりがないね??

    それにしても、水の力って計り知れないね

    カナダ横断鉄道を走る貨物列車だけど、100両くらいつながってるんだって、

    端っこは見えないもんね

     

    リスは見過ぎて、ありがたみが無くなっちゃった(ごめんなさい)

    ひと慣れしていて、まったく逃げない

     

    雨上がりの花、緑、すがすがしいね

     

     

    モレーンレイクだと思うよ

    益々、記憶が曖昧模糊としてきちゃった(帰国して数日なのに・・)

     

    湖岸には、高山植物がチラホラ

     

    水滴を載せた葉がいいでしょ?

     

    木の葉、実?を食べてる熊の親子

    なんて、愛らしいの(バスの窓から見てる分には安心だもん)

     

    夕方には晴れ

    なんて素晴らしい景色なの?お部屋の窓から手を出してパチリ

     

    6月15日 いよいよ最後の日

    レイクルイーズの朝焼け

    これも、部屋の窓からカメラを落とさないように、でもこのチャンスを逃したくない

    神々しいまでに美しい朝

     

    熊さんのように、仲良く日本に帰りました

    もう一度、カナダいいかも!

    秋の紅葉?う〜〜ん、やっぱり新緑とお花がいいな〜〜

    夢を見ながらカルガリーから10時間で成田到着

    あっという間に終わっちゃった

    次は、どこ行く???


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック