比叡山から彦根城〜


5月17日京都駅下車、バスで比叡山へ

大講堂、根本中堂を駆け足でお参り・・というより見学

東塔ってどこ?

この一帯を東塔と呼ぶと聞いて、そうだったんだ

 

翌朝、6時から延暦寺根本中堂で始まるお勤めに参加

眼下に雲、琵琶湖は雲の下

天上人の気分、薄暗いお堂の中で有難いお経を聴いているだけで心が洗われたみたい

雑念が無くなった??いえいえ、お腹空いた〜〜

 

近江八幡で水路巡り

黄色い菖蒲(だと思うんだけど)が満開

日差しは強いけど、頬に当たる風はヒンヤリ

 

昔の人々が忙しく船で行き交い、荷物の上げ下ろしに励む姿が浮かんできちゃう

 

町の中を川が流れてる風景って、なんだか懐かしくホッとしちゃう

 

畑と田んぼの真ん中に忽然と別天地

屋根の上には芝生

池のほとりの散策も気持ちよさそう・・・もっと涼しい日だったらね

 

天気予報では、今日は雨・・・

それなのに、雨は夜中に降っちゃったみたい

ひとまず、少し青空も見えてるし、竹生島に行ってみよう

船の2階が気持ちよさそう〜って、張り切って登ったのはいいけれど・・

 

凄い波しぶき、座席まで濡れちゃってる

風は冷たく、超強い

船は、飛び上がる、揺れる・・階下に降りるなんて危険すぎ

まるで、ジェットコースターに乗ってるみたい、振り回されること40分・・結構長い・・

しかも、強風のため、次の便は中止になりそうとか・・

 

やっと、見えた竹生島・・神のご加護で無事下船???

70分の滞在時間は、急な階段を上って降りて幾つもの神社のお参り

皆真剣にお参り中・・・みんなの願いが叶いますように・・・

 

目下、再生中

極彩色に彩られた天井、最初はこんなに鮮やかな建物だったんだ

無事、お参り終了して帰りの船に

今度は、1階の船室でのんびりクルージングを楽しめました

 

次に目指すは、彦根城

凸凹だらけの石段を登って、やっと天守へ

ひこにゃんには会えなかったけど、ちゃんと身代わりが?

 

殿さまも眺めた琵琶湖

昨日の荒波が嘘のように穏やかな湖面にビックリ

 

次は玄宮園

天守を望む池からの風景は抜群

 

大津から2時57分の新幹線に乗るには、彦根は2時過ぎに出発

というわけで、ランチはちょっと慌てて

 

熟女4人、2泊3日の旅

2年間分のおしゃべりを3日間で、足りない分は来年ね

元気で来年も会おうと約束して関西と関東に分かれて帰途へ

 

良く食べ、良く話し、良く歩いた3日間、お世話になりました〜〜

 

 

ヴェルニー公園、咲き誇る薔薇&海

京浜急行、追浜駅下車、30分並んでシャトルバスに乗車

10分後、下車したのは、JAMSTEC一般公開会場

深海探査機のあれこれ、眺めていても、どう働くのやら???

でも、何となく、凄い気がする??海底の地形を調べたり、地震の様子を調べたり・・

見えないところで、大活躍なんだ・・・

 

次の目的地、汐入下車でヴェルニー公園へ

薔薇が、もうこれ以上咲けませんと言わんばかりに、満開

 

薔薇背景が海って、なかなか無いよね

 

薔薇とおじさん、バラと軍艦!すごくない?

 

色とりどりの薔薇も、今が盛り・・・ずっと咲いていてくれたら嬉しいのに・・・

ダメだ、ありがたみが無くなっちゃうかも

花の命は短いからこそ、かもね

 

次は、お友達の個展に、上大岡へ

植物図鑑の絵みたいな細密画

実物通りに描くって、難しそう

ポピーの茎の小さなトゲトゲまで描いてある

う〜ん、写生してるうちに枯れちゃいそう

 

今日も盛り沢山な1日、おかげで1万歩以上歩いちゃった!(^^)!

3泊4日、乳頭温泉で温泉三昧  !(^^)!

5月6日、新幹線とバスを乗り継いで、到着したら冬???

日本って広い〜〜〜〜

新緑のブナ林を想像してたのに・・・一面雪景色だ〜〜

 

ブナ林のお散歩なんてロマンチック?な夢は見事にハズレ

歩けるような雪じゃない

木の根元だけ、何故か丸く雪が融け地面が見えてる???

 

7日、朝だ、起きよう!

何しろ、昨夜は7時に就寝、目が覚めたのは今朝の6時

日頃の疲れ?睡眠不足?静かな環境????

あれこれ、理由というか、言い訳を考えてみたけど、どれもう〜〜ん

単に、気持ちよく寝ちゃったってことだね

 

今日は、湯めぐりバスに乗って、乳頭温泉7つの温泉に入りに行くぞ

まず、最初は、蟹場の湯

脱衣所、直、露天風呂

だあれもいないから許して、目の前に1輪咲いてる水芭蕉が可愛い!!つい、カメラで撮っちゃった

囲いのない露天風呂、気持ちがいいけど、何となく落ち着かないのは私だけ??

 

又、洋服を着て、次の大釜の湯へ

また、数分前に着た洋服を脱いで温泉へ

普通に内湯と露天風呂があってア〜普通だ

お湯は、みんな個性的

 

また、さっき脱いだ洋服を着て、次の妙の湯へ

ここは、おしゃれ

稲庭うどんのランチは川を眺めながらいい雰囲気

勿論、生ビールは必須の友

ランチの後は、一ッ風呂

露天で賑やかな声が・・・若い女性3人が写真を撮りあってる

いいのか、みんな何も着てないけど・・・

私は一人静寂を求めて、銀の湯へ

そして、山の上の小さな露天風呂へと避難

彼女たちは、混浴へと出かけた模様

ボスは、ラッキーだったと思うよ???

 

また洋服を着て、やっと自分のホテルに帰着

そして、お昼寝、また浴衣に着替えて温泉に・・

からだ中、硫黄臭い

 

そして、また7時半から爆睡、8日、朝6時起床で、温泉に

 

8日、秘湯の孫六の湯へ

え??川沿いの露天風呂って、これ???

誰も居ないし、囲いもないし、脱衣所にはクモの巣が・・

お湯の中には黒いものや白いものが漂い、底の石には水草?

わ〜、無理!気味悪くってすぐ逃げ出しちゃった

ボスは意外と気にいって、出てこない

秘湯の旅もいいかな・・なんて夢想していた私、現実に愕然

次は、黒湯温泉

ここは冬場は閉鎖、最近オープンしたばかり

誰も居ない露天風呂でおひさまサンサン

次に目指すは鶴の湯

有名な秘湯!

本陣がそのまま旅館

佐竹藩藩主がこの温泉に来た時、家来が滞在した長屋

ここの露天風呂はオープンにもほどがある

外でランチをしてたら目の前を裸のおじさんが洋服を抱えてスタスタ歩いて行った

え???目がテン

勿論、私は女性専用の露天風呂愛用だから

こわごわ、外に出てみると広い白濁した緑のお湯

丁度いいお湯だと喜んで歩き始めてビックリ

足の下はゴロゴロの小石

足が痛い、ぴょんぴょんしながら屋根の下に到着

おむすびを食べてたお二人と大笑い

本当に、痛いよね〜

 

露天風呂は情報交換の社交場

病気の事、♨の事、恐山がお勧めとか・・・いろいろな人から楽しいお話が一杯聞けちゃった

 

雪融け水を集めて川は勢いよく流れてる

その水音も心地いい

 

水芭蕉のお隣には立金花

一面、白い水芭蕉

柔らかな薄緑の小さな葉が揺れるブナの林に山桜の薄ピンクの小さな花が満開

 

染井吉野と比べて、なんだか素朴、華やかさはないけど、この風景には良く似合ってる

 

ブナ林越に、雪を頂く山

う〜ん、毎日、こんな景色を眺めていたら人生観も変わりそう

それにつけても、7種類の温泉制覇

良く入ったな・・お肌ツルツル?

 

最終日、今日はレンタカーで田沢湖のほとりをドライブ

田沢湖、美しい!さすが日本一の水深

透明なブルーの水をたたえて静かに山々を映してる

枝垂桜がきれい、今年は桜の当たり年!一生分の桜を見た気分

確か、昨年も、そう思ったような・・・

 

黄金色に輝く、立子像・・ここに必要?

 

御座石神社だっけ

立子ちゃんを祀ってあって、アンチエイジングと美の神様

知った途端、本殿にすぐ手を合わせて真剣にお祈りしてきました!

 

潟小学校、本日開講中の札

木造の2階建て、オルガン、黒板、石炭ストーブと煙突

アルミのお弁当箱・・・小さな村の分校が何故か懐かしい

1つの教室に2学年・・奄美の小学校みたい

 

私の小学校は、1クラス63人、1学年6クラスもあってクラスメートの名前すらウラ覚え

狭い校庭で運動会リレーは、カーブが急すぎて、転ぶ人続出だったけど・・

 

水芭蕉が咲いているかもと、やって来たけど葉が大きく茂っちゃってた

ゼンマイ?わらび?力強く地面から伸びてる姿が気持ちいい

 

水仙のむこうは田沢湖

ご主人を亡くした後も、一人でペンションを守ってる

60鉢もハーブを秋には自宅の2階に運び、春には畑に戻してる

雪の積もる冬は、ぶどうの蔓で籠を編んだり、古布で袋やコースターの手作り

凄いパワーと才能

ご主人も、空の上から見守ってるでしょうね

 

空気が澄んでるから?お花の色が鮮やか

 

桜餅みたいな八重桜・・きれい!美味しそう!

 

 

叶える岩に願いを心を込めて祈り、橋にその願いを書き(落書きじゃないよ)

山道を登ること300m

 

可憐な花々を眺めながら、ちょっと息を切らせて到着

 

立子ちゃんが、自分の姿を映し、化粧をしたといわれる鏡石

この石に真剣に祈れば願いは叶うって

勿論、ボスの腰膝が良くなりますように!祈ってきました

桜の後ろは田沢湖

平和だな〜〜〜

やっぱり桜って魅力的

 

ハーブ園、まだハーブはこれからって感じ

 

お花も、温泉も、雪も満喫

立子ちゃんのご利益?のはずなのに・・

雪焼け?顔は赤くってブツブツまでできちゃった

その上、我が家まで、硫黄臭い!

しばらく、温泉の余韻が楽しめそう〜〜

 

宿の人曰く、雪の積もった冬が一番ですね〜〜

お客さんが少なくってホッとするからって???いいのか、それで??

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと来た!横浜港シンボルタワー!

お天気はいいし、港の見える丘公園の薔薇が見頃かも〜と、バスに乗ったら

海釣り公園行き

そうだ!あのタワーに行こう!と突然、目的地変更

1時間近くバスに揺られて終点

帰りのバスの時刻表を眺めていたら、親切な係り員の人が、”あ〜今出た所ですね。

あっちのバス停から乗れますよ”って、

でもね、私達、今到着した所なんですけど・・

 

青空に白いタワーがくっきり

テラスからの眺めも抜群!

 

ベイブリッジも目の前

タワーの展望台まで、わずか?140段の階段を登れば、360度の眺望を独り占め

 

緑の芝生と、カラフルなコンテナ

う〜ん、超のどかだね

 

せっかくだから、1時間に1本のバスを途中下車

横浜のシンボル(だと思うんだけど)、マリンタワー前

いきなり、一面のシロツメクサ、そうだクローバーだ

 

山下公園は、バラも人も満開

大音量の音楽、人々のおしゃべり、うーん、さっきまでの横浜港タワーの静けさが嘘のよう

 

どの薔薇を撮ればいいの??と迷うぐらい美しい

 

やっぱり、この薔薇好きだな〜〜

 

これも可愛すぎ

 

色々な人が居て面白い

アニメから抜け出したような人、

外国人のファミリー、カップルは当たり前

若い男性がミニスカートと白いブラウスで写真を撮りあってる・・・

本当に、人の好みって様々だね

お花が早く咲くにも程がある

もう、紫陽花まで咲いちゃった

 

紫陽花は梅雨の花でしょ

6月になったら、何の花を見ればいいの????

薔薇と人に酔っちゃった・・・

 

 

 

 

東京都江戸東京博物館でタイムスリップ

連休の谷間、今日なら少しは空いてるかも〜〜

と、両国へ

お相撲さんの街だ!

浴衣姿で、堂々とそして颯爽と歩くお相撲さん

ちょっと胸キュン♡

 

江戸庶民の暮らしが凄すぎ

1ルーム長屋で、トイレ、水道は共同

家財道具は最小限、玄関兼キッチン、押し入れ、タンスなし

昼間は畳も上げて、手仕事の職場に早変わり

日本中から集まった職人、商人で人口は増える一方

世界最大、100万人都市

着物は、仕立て直して、最後にオムツになるまで使っちゃう

水道が町中張り巡らされてるのにはビックリ

握りずしが大きい、これなら2つ位食べたらお腹ふくれるかも・・

 

明治時代の銀座が超素敵

この町が残ってたら、絶対行ってみたい

味気ないビルばかりの街になったのって、勿体ない

 

まだまだ、見残してるけど、足も頭も限界?

で、旧安田庭園で癒しのお散歩

 

東京のど真ん中に、この緑

さすが、日本の首都だね

 

江戸時代、庶民の暮らしも結構、面白そう

エコで、リクレーション好きな江戸っ子

話してみたかったな・・

 

 

ダイアン・クライスコレクション アンティークレース展

IMG_20180429_112333_20180429135147.jpg

横浜そごう美術館へ

一歩会場に入った途端、わあ〜〜きれい!のため息

その繊細さ、鳥、花、天使、犬、鹿等々

どうして、そんな細かい作業ができるの???

 

マリーアントワネットもすっかりレースに魅了されていたとか・・

ストッキングにまでレースの飾り

袖口、襟、ショール、ハンカチ、・・

洗礼の衣装、帽子、扇・・

テーブルクロスにベッドカバーの縁取り・・

花嫁衣装にティアラ・・・何年もかけて作られたとか

全くレースに興味のなかった私も、くぎ付け

 

最愛の人を亡くした時、その人の髪でレースを作り形見として大切に持ってたんだって

ボスの場合・・・髪がない人の場合、どうしたらいいの????

せっかくロマンチックな老後を夢見たのに、一瞬でぱー??

IMG_20180429_112415_20180429135157.jpg

可愛いボンネット

こんな素敵なレースに囲まれた生活って、どんなの

きっと、優雅な気分になれるね

見終わった途端、近沢レースが素敵に見えるから不思議???

趣味変わっちゃいそう〜〜〜う〜ん、すぐ忘れちゃうかも???

 

あしかがフラワーパーク〜息をのむ美しさにビックリ!

4月1日オープンのあしかがフラワーパーク駅までおよそ2時間半

結構、電車に乗った感あり

ゲートをくぐった途端、凄い!!!!の声が思わず出ちゃった

想像を超える美しさ

 

百花繚乱

藤の花だけじゃない

春の花全部、咲いっちゃったんじゃないの???

黄色の藤の花はまだ蕾

 

石楠花って、こんなに綺麗な花だったっけ???

 

白、紫、ピンク

 

もう、シャッターを押すのを止められない

 

1本の幹から枝を広げ、このシャワーのような藤の花、見て、見て

もう、言葉を失っちゃう

 

ツツジが、またまた、可愛い

私って、こんなにツツジが好きだっけ??

 

怖い位の眺め

ツツジのむこうは、満開の藤・・・いいのかな??こんな素敵な風景の中に居られるなんて・・

 

これ、タイツリソウ

 

これも、タイツリソウ

鯛の干物???

 

八重藤

ぽってり重たそう

 

見える所、すべて花、花、花

一面ペチュニア・・・幸せ過ぎちゃう

 

チューリップまで満開

 

咲いてる?歪んでる?でも、これでパーフェクト???

 

これ、何の木だっけ?

お花は可愛いんだけど・・・

 

ゆっくりビールを飲んでる間に、ライトアップスタート

もう、幻想的、余りの美しさに声を飲んじゃう

間違えました、ビールを飲んだんだった???

 

白藤の滝・・・その通り!

 

十二単のお姫様の風情??

藤の花の香りに包まれ、優雅なお散歩・・

 

いえいえ、あれ撮りたい、これも撮りたいと心が千々に乱れ、あちらこちらと歩き回りました

園内の広さも手ごろ、ゆっくり眺めるための椅子も沢山置かれていて本当に素晴らしい

往復6時間は、ちょっとしんどいけど・・・

 

 

 

横浜⇒海ほたる⇒三井アウトレットパーク 木更津

IMG_20180421_093305_20180421200340.jpg

もしかして渋滞するかもと、8時半には出発

爽やかな朝、海ほたるからの眺めも広大,風は爽やか〜〜

ソフトクリームも美味しい〜〜

それにしても海の真ん中にコンナ物を作っちゃうなんて・・・

凄いな、人間って

 

IMG_20180421_093157_20180421200351.jpg

のんびりモードはここまで

アウトレットは、戦闘モード????

やる気で頑張っちゃった

お陰様で、洋服、お菓子、バッグ、靴・・・・試着しなくちゃ〜〜

ワクワク、どきどき・・・やっぱりショッピングっていいな〜〜

 

今日も、ありがとう

おかげで、素敵な洋服がゲットできました

美味しいチョコレートもね

また、行こう!

レモンの心配  "(-""-)"

IMG_20180420_092047_20180420094643.jpg

我が家のテラスはレモンの香りと小さな白い花に包まれて

超幸せ〜

枝一面についてる蕾が全部咲いて、それが全部、実になったらどうしよう〜

レモンの重さで枝、いえいえ幹が折れちゃいそう

う〜ん、まいった

心配性の私は、日々レモンの花を眺めてため息をついてます???

今年最後の桜!信州へ(^^♪

土日のみ走ってる、横浜発朝7:50の特急で、小淵沢へ

天気予報は、かなり望み薄・・・

小淵沢駅下車で、いきなりブルっ!寒い!冬じゃん、これって

車窓には、水仙、桜、花桃、チューリップ、芝桜・・

季節を超越した花園

クリスマスローズも満開

コートの襟を立てて、かじかんだ手をこすりながら見るにはピッタリ?

シックな色あいの花が、健気

 

凛とした水仙も素敵

冷たい空気には、良く似合う

桜めぐりのお散歩

寒さにも負けず、テントの下で車座で飲んでるおじさんたちに声かけられて、ついつい仲間入り

樽酒、焼き鳥、ぜんざい・・・・すっかり、いい気分

桜の美しさも2倍、3倍??

 

すっかり桜に酔った私達は、昨夜は爆睡

今朝は、突然のお日様、唐突な雨

遠くの山並みから雲が沸き上がってる

 

標高1000mを超えると、まだまだ冬景色

桜の蕾はしっかり固そう

 

打って変わって、今朝は青空!気温も昨日とは全く違ってる

 

桜を求めて、諏訪湖へ

残念、湖畔は葉桜

諏訪下社、御手水が温泉、熱い!

さすがのボスも、ここでひと風呂浴びるのは無理???

 

 

しめ縄の存在感凄すぎ!

 

ご近所さんに教わって、もしかしたら桜が残ってるかも・・・

と、やって来た水月公園

素晴らしい!息をのむ美しさ

諏訪湖をバックに、幾多の桜が満開

 

広場の周りは、桜、桜、桜

360度、桜に囲まれるって、幸せ〜〜

 

高遠の桜がこの旅の目的だったけど、高遠は完全に葉桜という情報

おかげで、隠れ桜の名所を発見してラッキー

ありがとう!!!

また、ご一緒しましょう〜〜花と温泉、そして美味しいお酒をお供に???